消費者金融で借入をしたときの平均金利は

突然にお金が必要な時などに、よく利用しやすいのが消費者金融になります。
最近は、店舗に行かないままでも借入ができる時代になっています。

ネットやスマートフォンの普及で、それを通じて申請や審査ができるようになっています。
そして、消費者金融など場合の審査は時間的にも短縮されており即日融資も増えています。
この即日融資は、必要なときには助かる制度です。

しかし、ここで忘れがちなのが消費者金融での借入の際に加算される金利です。
初回は、30日間金利がゼロ円の消費者金融もありますがあくまでこれは初回サービスです。
その平均金利は、今は法律で決まっています。
平均金利の利率は、その借入の金額で変動します。

まず、借入が10万円以下の場合には、法定金利の平均は20%までになります。
そして、10万円以上100万円未満は年利18%となり、100万円以上年利15%となります。
これが、上限の金利になりこれ以上の年利は法律では禁止されています。

10万円を借入をすると、返済期間が1ヶ月の場合は年利が18%で10万1479円の返済になります。
このように、短期間で返済ができる場合は、金利も1479円という金額になります。
12回払いで返済をすると、返済合計は109018円になります。
一年間でかかる金利は、9018円となります。
1年でもこのくらいの金額になっています。

このように、返済回数が多くなるほど加算される利息も増えていきます。
借入をするときには、余分の借りることはせず必要な分だけの借入にします。

そして、できるだけ返済回数を減らすことがお得に消費者金融を利用することができます。
消費者金融では、収入がある人なら通常は審査に通ります。