消費者金融のグレーゾーン金利はもうない

元々、消費者金融は銀行が行っていない高利な融資を行う金融業者です。
つまり、高利である分リスクの高い融資を行っても全体として成り立つことが出来るので、成立するハイリスクな融資専門の業者なわけです。

では、何故銀行は、消費者金融のようなハイリスクな高利融資をすることが出来なかったのでしょうか。

それはグレーゾーン金利だったからです。

消費者金融はかつて年利29.8%程度の金利で融資していました。
これはかつて利息制限法で金利の上限を定めておきながら、その上限金利を超える融資に明快な罰則がなくより高金利の融資を禁止している出資制限法の上限まで罰則がない事実上、違法でない状態であったために起こったちぐはぐな状態です。

それでも、銀行などでは罰則はなくても明らかに違法状態ですから、この様な高金利でも融資をしていませんでした。

それは、銀行だけでなく信販のクレジットカード会社などでも通常はグレーゾーン金利でも融資はあまり行っておらず、一部の業者に限られていました。

しかし、2010年の貸金業法の改正により、明快な罰則が定められグレーゾーン融資ははっきりと違法となったわけです。

その後、金利を引き下げて消費者金融も銀行同じ法律の下で、同じ基準で融資しています。

ただ銀行はそれでも、ハイリスクな融資を必ずしも歓迎しておらず、消費者金融を保証会社として、リスクを分散してカードローンを行う傾向です。

かつては、積極的に銀行ならではの、大きな限度額や低い利息での融資も最近は審査の基準が厳しくなっているので、必ずしもかつての消費者金融とは違った顧客となっています。

しかし、貸金業法の改正時に借り入れできなくなった専業主婦向け融資を行うなど、新たの動きも見せています。