消費者金融の金利低い理由を知っておこう

消費者金融の金利低い理由を知っておくことで、消費者金融が提供するサービスが極めて安全性の高いサービスであることがわかります。

消費者金融の金利低い理由は、法律によって元本に対して設定することが可能な上限が規定されているからに他なりません。もちろん、金利そのものの設定権は消費者金融にあるのですが必要以上に金利を高く設定することは出来ないようになっており、必ず金利低い状態で消費者に対してお金を貸さなくてはいけないようになっているのです。

このような消費者金融の金利に関して定めた法律のことを利息制限法と言い、この利息制限法に従って全ての貸金業者がサービスを提供します。

では、利息制限法には具体的にどのような制限が書かれているのでしょうか。利息制限法には、消費者金融が提供する融資の金額が大きくなるほどその利息の上限を小さくしなくてはならないことがきちんと書かれています。

なぜこのような決まりを作ったのでしょうか。
これは非常に簡単な考えで、基本的に融資の金額が上昇するほど利息のリスクは大きくなってしまいます。

利息が大きくなると消費者の借金の負担は大きくなるため、融資の金額が大きいときにはそれと反比例させて利息の範囲は小さくしなくては公平な融資は実現できません。

例えば、10万円のお金を貸すとき100万のお金を貸すときに同じ利息の上限を両者に設定することが出来れば、必ず後者のお金を借りた人の方が利息の負担は増大することになるのです。
全ての融資の金額に対して利息の上限を一定にすることが必ずしも公平な融資になるとは限りません。そのため、融資の金額ごとにそれぞれの利息の上限を定めて、それに合わせるように金利も上下するように心がけているのです。

消費者金融の金利は全てこのような考えた方で成り立っているため、法律の枠組みを超えた融資は許されません。消費者が安心してお金を借りることが出来ることが法律によって約束されているのです。

どうしても審査が通らない